前へ
次へ

早期教育というのが広がっている

少子化の進行に伴い、大学受験対策などの教育市場は縮小しているようです。しかし、子ども1人にかける教育費は増加傾向にあるといいます。近年、私立校を目指す子どもが増加しているのも少子化により、親の家計の管理がしっかり形成されているからでしょう。公立では、中高一貫校の開設が進んでいますが、中学受験対策を目的とした小学生の通塾率が高まっています。それだけ、親も子どもに期待している証拠で、貯蓄額も高めです。塾では、集団指導型よりもやはり個別指導型の塾が勢力を伸ばしているのも特徴でしょう。教育者の質も高まり、早い時期から生徒の囲い込みに注力ですが、なかには、幼児や小学校低学年を対象とした教室を運営し、エスカレーター式に受験対策講座に呼び込むこともあるようです。幼児期からお受験戦争の最前線に立たされる一昔前と今では、子どもの心身的ストレスは減少傾向にあるようで、ゆとりでの教えもよかったのではないでしょうか。

Page Top